施行手順

1.養生
施工前段階での各養生を充分にしてください。
※バインダーがコンクリート等に付着すると、後で取れなくなります。
2.転圧
路盤(床)を堅く充分に締め固め(転圧)をしてください。
3.作業場所
施工必要器材(別紙参照)を確認の上、設置場所を段取りに合わせて確保してください。
4.攪拌
主剤は袋の外から手でよく揉みこんでください。
ファイバが底に沈殿していますので、袋の底から充分に揉んでください。
5.計量
主剤1袋と硬化剤1袋に対して、骨材(自然石)は、20kg(約1袋)としてください。
6.混合
主剤と硬化剤を同時に必要量バケツ等に入れ、ハンドミキサー等でよくかき混ぜた後、平ミキサー等に骨材とファイバー樹脂を入れ、骨材の色が塗れた状態になる迄、よく混練して下さい。
7.混練
※硬化剤を入れた時から硬化が始まっています。できるだけ素早く施工をして下さい。
8.敷き均し
上記でよく混ぜ合わせた材料を施工現場へ投入し、レーキにて規定の厚み(少し厚めに)になるよう敷き均してください。
※後述の転圧時に材料は締まって、厚みが少し薄くなります。
9.コンパネ
コンパネの片面にエポキシ系シンナーを均一に薄く(ごく少量)ウエスで塗布してください。
(8)で敷き均しをした材料の上に、(9)で、シンナーを塗布した面を下にしてコンパネをかぶせます。
10.転圧
かぶせたコンパネの上から転圧機にて転圧をする。(3周程度)
※転圧機で加重振動を与えることにより、バインダーの中に含まれる繊維が横方向に手をつないだ状態に配列され、強度が増します。
11.仕上げ
コンパネをはがした後、継ぎ目をコテで軽く叩くように修正をしてください。
12.養生
完全硬化まで、夜露や雨がかからないように、養生をしっかりしてください 。