一面真っ白 ソバの花満開 東近江

一面真っ白 ソバの花満開 東近江
9月27日22時49分配信 京都新聞

 滋賀県東近江市林田町で、かれんなソバの花が満開を迎えた。雄大な鈴鹿山脈を背景に、花畑があたり一面を真っ白に染め、絵画のような風景を見せている。
 夏までは麦を植えている減反田で、林田町農業生産組合が雑草を抑制する目的で、7年前に栽培を始めた。面積は約15ヘクタールで、8月末と9月上旬の2回に分けて種をまき、高さ1メートル超に成長している。
 花畑の脇にはサイクリングロードが走り、朝夕には多くの人が足を止める。同組合長の高橋至さん(63)は「見ているだけで心がなごみます」と話していた。10月上旬までが見ごろで、11月に収穫するという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA